専門学校の内容と学費

専門学校の内容と学費

専門学校の内容と学費 将来的に建設土木関連企業でスペシャリストとして働きたいときには、建築設計関連の学科がある専門学校に進学するのが一般的です。標準的な2年制のコースであれば初年度の学費は120万円程度であり、2年目の平均金額は100万円前後というケースが多いです。建築士の国家試験合格を全面的にバックアップしてくれる学校に進学するのが、就職に役立つ建築設計関連の知識と技術をスピーディーに身に着けるコツです。しかし学校によって学費が異なるのも事実であり、費用を重視して進路を決めたいときには情報サイトを積極的に利用する必要があります。情報サイトには個別の専門学校の費用関連の一覧表もあり、経済的な負担が小さい進学先を選びたいときにも便利です。また昼間のコースよりも、夜間に学べる建築設計関連の学科のほうが総費用は割安です。しかも夜間のコースであれば働きながら通えるので、授業料が確保できない場合でも専門的な内容を学ぶことが可能です。

奨学金制度について

奨学金制度について 建築設計を学ぶ人を対象として奨学金を給付している団体がいくつか存在しますので紹介します。まず「鹿島育英会」です。こちらは心身健全、学力優秀でありながら経済的理由により修学が困難な者に対する奨学です。学費の貸与・給与が受けられ、外国人留学生も奨学の対象となります。また優秀な学生に対する顕彰なども行われます。それから「日本文化藝術財団」でも奨学制度が行われており、こちらは国内の芸術系大学の3年生および4年生、ならびに大学院に就学し、実技部門を専門に専攻していることが条件になります。その他「代々木泰樹育英会」という一般財団法人でも奨学金の給付がおこなわれています。こちらでは建築・法律・医療ほか各分野における人材育成を目的とした助成が行われています。他にも40才以下の若年者を対象とした助成金を給付している「ハウジングアンドコミュニティ財団」や、日本建築学会の個人会員が対象の助成金を給付する「竹中育英会」などが存在します。以上代表的なものをピックアップしましたが、建築設計を学ぶ人を対象とした助成制度は他にもいくつか存在します。

新着情報

◎2019/4/19

専門学校の内容と学費
の情報を更新しました。

◎2019/3/7

体験授業や説明会のメリット
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

比較する理由と方法
の情報を更新しました。

◎2018/11/6

建築設計の専門技術を学ぶ学校
の情報を更新しました。

◎2018/9/7

中国地方で学べる建築設計の専門校
の情報を更新しました。

◎2018/6/15

サイト公開しました

「建築 学費」
に関連するツイート
Twitter

本日札幌パークホテルで進学相談会14:00〜18:00まで開催してます😊✨ 進路のこと、学費のことなど聞きたいことがあればぜひどんどんお越し下さい(^^) #札幌パークホテル #パークホテル #進学相談会 #経営 #社会福祉 #デザイン #建築 #お待ちしております pic.twitter.com/TCTiMt1gcR

勉強が嫌で高専中退して、建築やりたいって、短大に入り、寮に入って、退寮にになってアパートを借り、学費と生活費を払ってる私に「めんどくさい。彼氏がいない学校なんてやめる」と平気で言い放つ娘。私の子育て20年間を返して欲しい。

返信先:@Chisamaman そうそう! そーなんだよねえ、、、どうしよかねほんと。 建売かー!間取りよければ問題なしやけどね! 建築条件つきはメーカーが気に入ってるならいいやろけど難しいよね!! そうそう、大学の学費ねえ

Twitterだいふくもち®︎ 1y6m♀+8ヶ月目 🍋@daifuku1413

返信 リツイート 5/22(水) 15:20

目先の安定を求めて、今まで費やした学費や学びが無駄になるような仕事に就くことが不安。手に職をつけて死ぬまで建築やデザインを仕事にするために、もう少し親のすねをかじることにした。親の負担を減らそうと、バイト三昧の3年間を過ごしたが、それが逆に将来親を困らせることになるだろう。

今月、めっちゃ金使い過ぎた…。 ゆるキャン△キャンプツアーで49,800円。高額だけど、割安なツアーだった。 色々買って2万円。自分学費7万円。建築材料費6万円。 やべぇ、今月20万円も使っている…。 建築材料費、早く帰ってこないかな…。

弊大学は秋辺りから学費のライトアップがあるんだけど、建築学科が複数のマイコンを同期して点灯を制御しようとしてるらしい

建築士目指す娘の学費に使いたい

建築士目指す娘の学費に使いたい

返信先:@guccl_men_men 建築を学んでます。学費にします!

返信先:@sakurai7715 どちらかといえば体が弱いほうだったので自衛隊に入隊して体を鍛えまくりました。自衛隊で貯金したお金で大学の学費も全額自分で支払いました。必死で勉強していたら一級建築士にも合格して建築設計職に就けています(*'ω'*) 不利に生まれたからこそ努力を続けられました☆

Twitterつむつむ🇯🇵米国株投資@get5566

返信 リツイート1 5/12(日) 18:57