日本の様々な地方で建築設計を学ぶことができます

建築設計を学べる専門校は中部地方にも点在している

建築設計を学べる専門校は中部地方にも点在している ひと昔前までは、建築設計の分野においての図面作成は、ドラフターと鉛筆、コンパスなどを使って描いては消し、消しては描いてを繰り返して完成させていましたが、現在は専用パソコンソフトを使用して行う「CAD」を行なうのが主流となっています。
ドラフターはとても重く容易に持ち運ぶことができないため、どの企業でも製図室という一角を設けていました。
現在のCADでは、ノート型PCであれば場所を選ぶこと無く自由な作業場所を選ぶことができ、鉛筆の粉で手を黒く汚すことも無くなったのです。
海外・日本国内でも文明の発達のためには、図面を基本としてものを作り上げることが必要で、設計士はニーズの高い仕事です。
中部地方でも専門知識を学ぶための工業高校や建築系の専門学校が多く点在しています。
私たち人間は興味のあるものへの取り組み・集中する力を無限に持っている生き物です。
建築設計への興味がある方は、若いうちに早い段階から勉強した方が当然知識が得られますので、自分に合った学びの場所を選択するようにしましょう。

四国に建築設計について学ぶ専門学校があります

四国に建築設計について学ぶ専門学校があります 建築士の仕事は建築物のデザインをするところから、一見したところ華やかな職業に見えがちです。
しかし、実際の仕事の仕事は極めて高度な専門性を求められる側面があります。
一口に建築士と言っても、大雑把に分けて3つのタイプがあるのです。
それは意匠設計と構造設計、そして設備設計の3種類です。
意匠は建物のデザイン、部屋の内装、部屋の配置決めなどをカテゴリーとしています。
構造は、数学や物理の計算をもとに柱や梁の大きさを決定するものです。
日本の場合は地震が多かったり、また昨今は超高層建築物が増えてきましたので、構造設計は必須のものです。
設備は、電気設備や照明、空調を設計しています。
建築設計とはこの3つの仕事のすべてを合わせたものを指しているのです。
いずれも専門知識に関しては学校で勉強するしかありません。
職業としての建築士の資格と取得するためには、そのために最低限必要な知識は、事前に体得しておく必要があるのです。
いまでは日本全国の各地に建築設計の勉強ができる学校があり、四国にももちろん設置されています。

新着情報

◎2019/3/7

体験授業や説明会のメリット
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

比較する理由と方法
の情報を更新しました。

◎2018/11/6

建築設計の専門技術を学ぶ学校
の情報を更新しました。

◎2018/9/7

中国地方で学べる建築設計の専門校
の情報を更新しました。

◎2018/6/15

サイト公開しました

「建築 四国」
に関連するツイート
Twitter

四国村森野家住宅風呂便所』 香川県:登録有形文化財(住宅)(建築物) antique-bldg.ohmineya.com/%e3%80%8e%e5%9… (1万3千件超の国宝・重要文化財・有形文化財を紹介『国宝・文化財建築コレクション』) #国宝建築 #重要文化財 #有形登録文化財 #古建築

Twitter日本の古建築・国宝建築・文化財建築@bunkazai_bldg

返信 リツイート 昨日 10:15

■公募型建築プロポーザル情報を掲載(四国・東北エリア/2件)compe-propo.com

Twitterコンペプロポドットコム@CompePropoCom

返信 リツイート 3/20(水) 9:07

建築士会中四国ブロック 今年は島根大会 一昨年の鳥取県大会はお手伝いしたけど島根大会参加のお誘いが 6月か…行けるのか… 返事悩む… ちなみに会員ではないのです

A画伯(爆笑)って年鑑には今の別住所として記載されてるけど四国出身なんだよね しかも安藤忠雄に建築依頼した自治体の場所が出身 その建築物は自治体が金出した大きな建築物で完成の時に Aは自分の故郷へ「寄付してやる」って形でめっちゃ大きな絵を年鑑掲載価格なら数千万→私が思う価格なら数十円を

Twitterリリにゃん🎀涼宮ハルヒの誘惑(^-^)/@konjiki115

返信 リツイート 3/18(月) 11:18

しかし不思議だと思った 他の人達も本気でA画伯が号15万の画家とされてると、その作品を本気で良いものだと思い込む 不思議だった その頃に安藤忠雄の建築物の話があったんだよね 四国のある所に大きな建築物の設計を依頼されて安藤忠雄が建てた作品が完成した時のことなんだけど

Twitterリリにゃん🎀涼宮ハルヒの誘惑(^-^)/@konjiki115

返信 リツイート 3/18(月) 10:54

返信先:@kero_jiji ここほど凄くはありませんが、茨城県取手市の長禅寺三世堂も「さざえ堂」です。一層が坂東三十三箇所、二層が秩父三十四箇所、三層が四国三十三箇所の観音様の写しが安置されていて百観音巡りと呼ばれて、なかなか見事な建築です。 以前は拝観できたんですが、現在は平常、拝観できないのが残念です。

【広島店4F】【同人情報】サークル【旅ガラス】さんのC95刊行『関西の近代建築物で巡るレトロなカフェ(上)』好評発売中です!日本各地のレトロな喫茶店を紹介するシリーズの関西編!上巻は大阪・奈良・和歌山・三重のカフェを収録!既刊『中国四国地方の近代建築物で巡るレトロなカフェ』も発売中! pic.twitter.com/vlh0ZMFLAf

国内のイメージ。(偏見) 北海道 (海・山の幸) 東北 (肉>海の幸) 関東(色々) 中部(米>海の幸) 関西(昔の建築は凄かったアピ) 中国(秘境) 四国(うどん>みかん) 九州(ラーメン)

「死ぬまでに見ておくべき100の建築」 イサム・ノグチ、安藤忠雄、丹下健三の3作品が四国・香川県に3つも入っているという。 pic.twitter.com/8ZAevDwQsu

今日の買取りは建築と郷土誌 GA HOUSESは別巻含め12冊、村野藤吾は2冊 郷土誌関係は状態悪がいですが四国五郎の広島百橋が入って来ました。 pic.twitter.com/pOYtCInemz