日本の様々な地方で建築設計を学ぶことができます

建築設計を学べる専門校は中部地方にも点在している

建築設計を学べる専門校は中部地方にも点在している ひと昔前までは、建築設計の分野においての図面作成は、ドラフターと鉛筆、コンパスなどを使って描いては消し、消しては描いてを繰り返して完成させていましたが、現在は専用パソコンソフトを使用して行う「CAD」を行なうのが主流となっています。
ドラフターはとても重く容易に持ち運ぶことができないため、どの企業でも製図室という一角を設けていました。
現在のCADでは、ノート型PCであれば場所を選ぶこと無く自由な作業場所を選ぶことができ、鉛筆の粉で手を黒く汚すことも無くなったのです。
海外・日本国内でも文明の発達のためには、図面を基本としてものを作り上げることが必要で、設計士はニーズの高い仕事です。
中部地方でも専門知識を学ぶための工業高校や建築系の専門学校が多く点在しています。
私たち人間は興味のあるものへの取り組み・集中する力を無限に持っている生き物です。
建築設計への興味がある方は、若いうちに早い段階から勉強した方が当然知識が得られますので、自分に合った学びの場所を選択するようにしましょう。

四国に建築設計について学ぶ専門学校があります

四国に建築設計について学ぶ専門学校があります 建築士の仕事は建築物のデザインをするところから、一見したところ華やかな職業に見えがちです。
しかし、実際の仕事の仕事は極めて高度な専門性を求められる側面があります。
一口に建築士と言っても、大雑把に分けて3つのタイプがあるのです。
それは意匠設計と構造設計、そして設備設計の3種類です。
意匠は建物のデザイン、部屋の内装、部屋の配置決めなどをカテゴリーとしています。
構造は、数学や物理の計算をもとに柱や梁の大きさを決定するものです。
日本の場合は地震が多かったり、また昨今は超高層建築物が増えてきましたので、構造設計は必須のものです。
設備は、電気設備や照明、空調を設計しています。
建築設計とはこの3つの仕事のすべてを合わせたものを指しているのです。
いずれも専門知識に関しては学校で勉強するしかありません。
職業としての建築士の資格と取得するためには、そのために最低限必要な知識は、事前に体得しておく必要があるのです。
いまでは日本全国の各地に建築設計の勉強ができる学校があり、四国にももちろん設置されています。

新着情報

◎2019/4/19

専門学校の内容と学費
の情報を更新しました。

◎2019/3/7

体験授業や説明会のメリット
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

比較する理由と方法
の情報を更新しました。

◎2018/11/6

建築設計の専門技術を学ぶ学校
の情報を更新しました。

◎2018/9/7

中国地方で学べる建築設計の専門校
の情報を更新しました。

◎2018/6/15

サイト公開しました

「建築 四国」
に関連するツイート
Twitter

■公募型建築プロポーザル情報を掲載(四国エリア/1件)compe-propo.com

Twitterコンペプロポドットコム@CompePropoCom

返信 リツイート 昨日 8:58

返信先:@aoiasada他1人 大手メーカーの家はすでにプレカットされたものを組み立てるだけなので、うちみたいな小さな建築屋は出る幕ありませんよ。ただ四国には四国の気候があるので、アルミサッシの耐久性をかっているだけです。夫が設計して建てている家です。冬は寒さが厳しいので当然ペアガラスです。 pic.twitter.com/7C01Wh002R

Twitter🇱🇷🇯🇵梅田香子⚾️Yoko Umeda@yokoumeda

返信 リツイート 5/23(木) 20:26

四国巡礼出張の一番の目的、建築家安藤忠雄さんの建築物の視察を最終日の今日無事に出来ました。自然と現代建築物の融合に改めて感動しました。いまから東京に戻ります✈️ instagram.com/p/Bxymkj9A8C6/…

#大分県 #佐賀関 #佐賀関港 #国道九四フェリー が発着 #九州#四国 の間の海上を最短で連絡 大型連休中は多くの自動車、ライダーで賑わい臨時便も出航 四国側の三崎港と共に飲食店、土産屋があるが、建て替えるようで令和元年5月時点で岸壁横に新たに建築#dml旅記 #港湾 #地方港湾 pic.twitter.com/IdDt9Jl0NL

Twitter/鉄道・国土・地域計画等に関する随想@dMIt5XcruvOir4r

返信 リツイート 5/22(水) 5:53

そういえば本を注文していたのだった。届いてた! 『関西の近代建築物で巡るレトロなカフェ (上)』と『中国四国地方の近代建築物で巡るレトロなカフェ』 大阪の近代建築はどっしりと重厚な造りで荘厳。写真だけでもうっとりしてしまう。 pic.twitter.com/eHTFMQcEFt

四国お遍路出張2日目!今日は高松港から小豆島に渡り、先人の知恵と工夫を堪能しました。明日は建築家安藤忠雄さんの力作を直島に見に行きます。毎日が勉強、毎日が新たな発見の日々です。 instagram.com/p/BxuFPZHguUQ/…

淡路島は国生み神話で神社参りが人気だけど、歴史的価値のあるお寺も多い 七福神参り、十三仏参り、淡路島西国三十三ヵ所霊場参り、淡路四国八十八ヵ所霊場参り、番外霊場、淡路国分寺など重複するお寺もあるけど淡路島と沼島には延べ約157の歴史的、文化的に貴重な建築物や仏像のあるお寺がありますよ

TwitterTOMO@難病満喫パパブロガー@tomogimss

返信 リツイート 5/20(月) 12:09

RT @petiska: @ida10 ケンチクを勉強しようと思うと四国から出ないとだめなんですよね。ぼくもそうでした、高知だったから。いまは高知工科大というところに建築の専攻がありますよ。いい意味で地元密着型、わるい意味で山奥引きこもり型。

RT @torahiroshima: 【広島店4F】【同人情報】サークル【旅ガラス】さんのC95刊行『関西の近代建築物で巡るレトロなカフェ(上)』好評発売中です!日本各地のレトロな喫茶店を紹介するシリーズの関西編!上巻は大阪・奈良・和歌山・三重のカフェを収録!既刊『中国四国地方…